miyabi

クロスドアウトダストビンマークの表示について

クロスドアウトダストビンマーク

2008年9月26日よりEU加盟国内にて欧州新電池指令(2006/66/EC)が施行され、EU加盟国内にて販売される電池または電池組込み機器に対して、欧州新電池指令に対応した処置が必要となりました。

下記をご参照ください

@電池、機器本体、または包装に、クロスドアウトビンマーク(以下シンボルマーク)を表示すること。

Aシンボルマークの説明をマニュアルに記載すること。 上記シンボルマークは、電池および蓄電池を廃棄する際に、一般ゴミとは分別して処理する必要があることを意味しています。

上記のシンボルマークの下に元素記号が表示されている場合、基準以上の濃度で電池または蓄電池に重金属が含有されていることを意味しています。

濃度の基準は次の通りです:

Hg:水銀(0.0005%) , Cd:カドミウム(0.002%) , Pb:鉛(0.004%)

 

欧州連合では使用済みの電池および蓄電池に対して分別収集システムがありますので、各地域の収集/リサイクルセンターにて、電池および蓄電池の処理が正しく行われているようです。 但し、残念ながら日本国内におきましては、現在この様な電池指令は施行されておりません。 ですが、この地球環境を保護する気持ちは、「全世界の人々一人ひとりが皆同じである事には間違いない」とMIYABIは考えています。

現在MIYABI乾電池では、全ての電池にこのシンボルマークを表示して販売させていただいておりますので、 ユーザー様にはより
一層の「安心」をお届け出来ます事をうれしく思います。

製品ラインアップ

新商品リリース

お問い合わせ

クロスドアウトダストピンマーク

bexelテクニカルデータシート

Mini-B

信頼の乾電池メーカーMIYABI | 会社概要 | 製品ラインアップ | Bexel工場紹介 | MIYABIクオリティー | 新製品リリース | プライバシーポリシー | お問い合わせ | リンク集

株式会社MIYABI ベクセル社 日本正規代理店
〒799-2118 愛媛県今治市波止浜11-166 TEL(0898)43-1188 FAX(0898)43-0936 URL http://kandenchi.jp

Coppyright MIYABI All rights reserved